ほうれい線と小じわは何故できる?

ほうれい線が目立つようになった?!対策はあるの?

ほうれい線って、一体いつ頃から出てきたんだろう?

若いころは、お肌にもハリがあって、
多少ぽっちゃりしてたって
それこそが健康の証拠で
ほっぺもふっくら、
「もう少し痩せないかな?」
なんて思っていたのに・・・・・。

最近では、身体は太っているのに、
頬の辺りが、よく言えば「スリム」になり、
逆に、余ったお肉が「ほうれい線」として目立つようになりました

頬がすっきりしたのはいいけど、
このほうれい線があると、
逆に10歳くらい老けてみえるんですよね。

これって、どうよ!!

これだったら、よっぽど「ぽっちゃり、ふっくら」の方が
なんぼマシか?

ファンデーションを塗っても、
結局、「溝は溝」。

もう、諦めるしかないのかな?
と思っていたところ、
敏感肌用に始めた化粧水ローションや乳液やクリームが
実はこの「ほうれい線対策」にもなると知って、
大喜びです。

今、トライアルセットを使って、
お肌のお手入れ中!

お手入れ後は、本当に肌が
モチモチ、プルップルになるので、
確かに「ほうれい線」にも良さそうです。


↓↓↓ ほうれい線の対策はこちら ↓↓↓

ほうれい線の原因と対策(加齢・ストレス・喫煙・食事・乾燥・紫外線・ビタミンC・コラーゲン)

ほうれい線の原因としてよく言われるのは
 ・加齢
 ・ストレス
 ・喫煙
 ・バランスの偏った食事
 ・乾燥
 ・紫外線
 ・ビタミンC不足
 ・コラーゲン不足
ですね。

★まず、加齢についてですが・・・・

もともと、加齢によってできてくる深いシワなので、
加齢が原因って言われても・・・・

そりゃ、10年昔に戻れるなら・・・・、
または、ピーターパンのようにいつまでも大人にならないなら・・・・
誰だって加齢阻止したいですよね。

でも、それは無理なこと。

★次にストレス

う~ん、これもナシにするには難しい!

大人になれば(子供もだけど)
余計にストレスは貯め込むし、
生きてる限り、ストレスと無縁な生活なんてありえない!



でも、その他の原因は、
気をつけることで、回避することはできそうです。

★まず、喫煙ですね。
これヘビースモーカーの人には辛いでしょうが、
お肌のためにも健康のためにも
周囲にいる家族や仲間のためにも
禁煙できるといいですね。

★次に、バランスの偏った食事

う~ん、耳の痛いところだけど・・・・
やはり健康のためにも、偏りのない食事にはしたいところ。

ついつい同じものばかり食べてしまうけれど、
食事はバラエティに富んで、
材料や栄養素も偏らないように注意しましょう。

★そして、乾燥!!!!
紫外線
ビタミンC不足
コラーゲン不足

来た来た来た~!!!!

そう、これこそは「お手入れ」次第で十分改善できる部分ですね。

もちろん、乾燥していない部屋で、
紫外線に当たらずに過ごす・・・・・
というのも一法ですが、

ずっと引きこもりしていたってしょうがない。
だって、みんなに会うからこそ、ほうれい線対策をして
いつまでも若々しく綺麗でいたいわけですもん。

そしたら、乾燥、紫外線、の防止や
ビタミンC、コラーゲン等の不足は、
化粧水や美容液で対応していきましょう。


特にほうれい線に着眼してケアしていきたいなら、
この商品がオススメです。
       ↓


小じわ(シワ)の原因と対策-保湿の重要性

シワは加齢によってできる、肌表面の溝ですが
これが結構厄介で、
若い人は20歳代から出始めます。

笑い皺などは可愛いものの、
目の横にできる「カラスの足跡」や口元にできるシワなどは
年齢を感じさせて嫌ですね。

でも、小じわは保湿をすることでかなり改善できますよ。

★小じわ(表皮のシワ)

小じわは、主に、目や口のまわりにできるシワです。
指で皺を広げると目立たなくなるくらい
浅めのシワです。

このようなシワは、乾燥によって起こりますので、
角質層の乾燥を抑えれば改善できます。

それには、
角質層(表皮)を十分に保湿することです。
水分を逃がさないに、水分や油分(皮脂)を補います。

きちんとケアしていくと、
小じわは結構目立たなくなります。

★ちりめんジワ(縮れのあるシワ)

ちりめんジワは、顔全体にできる、縮れたようなシワです。
これは、乾燥というよりかは、
身体の異変によって起こるものです。

たとえば、急激なダイエットの直後とか、
栄養失調、脱水症状などが原因で起こります。

このようなシワができるときには、
血行不良や皮脂分泌低下の可能性が高いので、
マッサージをしたり、
パックをするのがオススメです。

また、栄養素の補給として、
特にたんぱく質やビタミン補給が有効です。

つまり、お顔にできたシワ対策としては
栄養成分を与えて、十分に保湿することです。


今では、これらに最適な化粧水やエッセンスがありますので、
是非、手軽なトライアルセットでお試しください。