敏感肌と乾燥肌-ヒリヒリ、カサカサは要注意!

ヒリヒリ、カサカサ・・・敏感肌と乾燥肌の関係は?

「私、敏感肌で化粧水が合わなくて・・・」
「私は乾燥肌なんで、うるおいがないのよね。」

日常よく交わされるこんな会話。

でも、ちょっと待って!

敏感肌と乾燥肌の違いってあるの?
どういう症状が敏感肌で、
どういう症状が乾燥肌なんでしょう?

私は、ちょっとの刺激でもすぐに肌が赤らんだり、
化粧水がヒリヒリしみたりするので「敏感肌」。
そして、いつもカサカサに乾いているので
「乾燥肌」でもある。。。

つまり、敏感肌と乾燥肌のダブルパンチよね。
と思っていたのですが・・・・。


実は、これ、原因は同じようなんです。


肌の表面には「角質層」というものがあって、
外気とのバリアを作ってくれているのですが、

このバリア機能が著しく低下してしまうと、
角質層の水分量も低下して、
30%とか切るようになった状態(=乾燥肌)となり、
そして、ちょっとした刺激にも敏感に反応するようになる(=敏感肌)

ということらしいです。

つまり、乾燥肌は敏感肌の原因というかキッカケというか
症状的なお肌の状態のことで、
その結果「敏感なんですね~」ということなんですね。

となれば、まずは乾燥肌を改善していけば、
自然と敏感肌も治るっていうか、敏感肌ではなくなるってこと。


敏感肌の美肌ケア。

それにはまず、
「肌のバリア機能をアップして、角層を整える!」
ということが大切です。


この辺の詳しい解説はこちら(半分の少し後くらいに説明があります)

敏感肌用の化粧水、30歳代のあのときも知っていたなら・・・

私が「自分は敏感肌だ」と感じたのは、32歳の時でした。
それまでは、どんなに仕事が忙しくても寝不足でも、
あまりお肌にダメージは出ることがなく、
敏感肌どころか、頑丈な肌と思っていました。

仕事もしていたので、
お肌のお手入れもあまりしていず、

でも、次男の出産も終わってやっとヤレヤレ・・・・

ちょっと念入りにお肌のお手入れでもしようかな?と思って
以前からずっと使っていた化粧水をつけたところ・・・

あれれ?
ピリピリ、ヒリヒリ・・・
ちょっと痛い?


夏が暑かったので、そのダメージかなぁ~なんて思っていたのですが
どうやらこの頃から、肌が乾燥肌になって、
そして、敏感肌になっていったようです。


でも、その頃、乾燥肌とか敏感肌とかってあまり取り上げられてなくって
自分も「ま、いっか」とそのまま放置していたんですね。

今思えば、あの頃から
ちゃんと敏感肌に合った化粧水やクリームを使っていれば
こんなにはならなかったのになって、
ちょっと後悔!(;_;)


でも、今からでも遅くないですよね。
思い立ったが吉日。


数日前に購入して試しているこの商品。
お試しトライアルセットなので気軽に飛びついたのですが
これがまさに救世主でした。

詳細はこちら



敏感肌用の化粧水、30歳代のあのときも知っていたなら
もっとよかったのに・・・・
と悔やまれます。