ブログ記事

小じわ(シワ)の原因と対策-保湿の重要性

シワは加齢によってできる、肌表面の溝ですが
これが結構厄介で、
若い人は20歳代から出始めます。

笑い皺などは可愛いものの、
目の横にできる「カラスの足跡」や口元にできるシワなどは
年齢を感じさせて嫌ですね。

でも、小じわは保湿をすることでかなり改善できますよ。

★小じわ(表皮のシワ)

小じわは、主に、目や口のまわりにできるシワです。
指で皺を広げると目立たなくなるくらい
浅めのシワです。

このようなシワは、乾燥によって起こりますので、
角質層の乾燥を抑えれば改善できます。

それには、
角質層(表皮)を十分に保湿することです。
水分を逃がさないに、水分や油分(皮脂)を補います。

きちんとケアしていくと、
小じわは結構目立たなくなります。

★ちりめんジワ(縮れのあるシワ)

ちりめんジワは、顔全体にできる、縮れたようなシワです。
これは、乾燥というよりかは、
身体の異変によって起こるものです。

たとえば、急激なダイエットの直後とか、
栄養失調、脱水症状などが原因で起こります。

このようなシワができるときには、
血行不良や皮脂分泌低下の可能性が高いので、
マッサージをしたり、
パックをするのがオススメです。

また、栄養素の補給として、
特にたんぱく質やビタミン補給が有効です。

つまり、お顔にできたシワ対策としては
栄養成分を与えて、十分に保湿することです。


今では、これらに最適な化粧水やエッセンスがありますので、
是非、手軽なトライアルセットでお試しください。